Aller directement au contenu
Point of Interest

Seizansō

2 personnes du coin recommandent

Conseils des habitants

Nobu
Nobu
March 30, 2020
水戸黄門」で知られる,水戸藩二代目藩主・徳川光圀公が藩主の座を退いた後,元禄4(1691)年から元禄13(1700)年に没するまでの晩年を過ごした隠居所。 光圀公はここで『大日本史』の編さんの監修に当たりました。入口には光圀が紀州から取り寄せ,移植した熊野杉が天を覆っています。建物は茅葺き平屋建て,内部は粗壁のままで,どの部屋にも装飾はなく,書斎も丸窓だけの三畳間と質素な佇まです。 なお,現在の建物は,文政2(1819)年に再建されたもので,春の梅,夏の新緑,秋の紅葉,冬の雪景色など,季節ごとに異なった表情が楽しめます。
Takada
Takada
June 1, 2019
水戸光圀公のかつて隠居して日本書紀を完成、庭園としても、素晴らしいです。車で5分
Emplacement
Arajukuchō, Ibaraki 313-0007
Téléphone+81 294-72-1538